院長のブログ

風邪症状の後に弛緩性麻痺

2014年、アメリカで流行したエンテロウイルスD68型による感染が、日本では2015年、報告されている。呼吸器症状が多いが、弛緩性麻痺のような重症例もある。ニュースでも取り上げられた。
この病気は、幼児期に好発している。喘息や喘鳴が以前にあった患者は、症状が重症化しやすい可能性がある、と言われている。
2015年は、例年に比べて、喘息発作が多かった。日本小児アレルギー学会では、昨年報告されたエンテロウイルスD68との因果関係がないか、調査を始めた。

お問い合わせ

井上小児科皮フ科へのお問い合わせはこちら

診療予約・お問い合わせ

0480-33-8690

予防接種予約専用

0480-33-7311

業者様専用ダイヤル
080-1358-4520

お問い合わせ