予約制
診療予約・お問い合わせ TEL:0480-33-8690
予防接種予約専用 TEL:0480-33-7311
※再診の方のみ
メール相談
再診予約

杉戸・春日部・幸手・久喜の小児科と皮膚科の井上小児科皮フ科
-アレルギーやアトピーやぜんそくなどの診療-

井上小児科皮フ科ブログ

初診問診票 初めてのご来院の方はこちらの問診票をお持ちください
病児保育室 とん ことり
スタッフ募集 私たちと一緒に働きませんか?
HOME»  井上小児科皮フ科ブログ

井上小児科皮フ科ブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

ここ数日の陽気で、一気に桜満開。

ここ数日の陽気で、一気に桜満開。幸手の権現堂の桜は、全国的に有名です。
杉花粉の飛散量も例年に比較して、増大してます。
そろそろ診療所の暖房もしまおうかな!

2018-04-02 09:42:45

ようやくインフルエンザが終息して来ました。

インフルエンザも、ようやく終息して来ました。
今年は、昨年に比べて、花粉の飛ぶ量、かなり多いようですね。
眼がかゆい、くしゃみ、鼻水の患者さんが随分増えて来ました。

2018-03-07 14:04:04

インフルエンザ大流行しています。

1月になってから、インフルエンザが大流行。

A型、B型が同時に流行っているため、

インフルエンザAにかかった後、すぐにBにかかったり、

その逆で、インフルエンザBにかかった後、すぐにAにかかったという人がけっこういた。

杉戸、幸手地区は、全国的に見ても、大流行地区。

全体に症状の軽い人が多いが、インフルエンザで痙攣をおこして具合悪くなった人もいた。

 

皆さん、インフルエンザ大流行しています。

かからないように、マスク、うがい、手洗いを徹底してください。

2018-02-08 11:01:59

2018年も宜しくお願いいたします。

新年あけましておめでとうございます。

昨年末の紅白、久しぶりに、4時間30分、途中で寝ないで楽しめました。
内容、ずいぶん若返ったね。
 
渡辺明美、歌、上手い。
ブルゾンちえみ、少しあがっていた。
 
今年も、皆さん、大きな声で、元気に診療頑張ります。
よろしくお願いします。

2018-01-01 00:00:00

早いもので、もう12月

早いもので、もう12月ですね。
年賀状書かなきゃ、と、ちょっと焦っています。

インフルエンザらしき患者さんはまだいません。
しばらく前に、大宮ではやっていたという話は聞いたけど。
季節外れで、手足口病がまだいるのには驚き。
ウイルス性の胃腸炎は相変わらず流行ってますね。

『インスタ映え』
この言葉、流行語大賞取ったみたいですね。
意味、スタッフに教えてもらいました。
 

2017-12-05 09:36:04

喘息の症状にご注意ください

暑い夏が終わりました。台風の影響があったり、急に涼しくなったりで、
喘息発作を起こす患者さんが多く来院されるようになりました。

普段喘息がある方、または、以前喘息の薬を飲まれていた方、
息を吐くときにゼイゼイする感じがあるとか、呼吸が早いとか、苦しそうにしていたら、医療機関にすぐに受診してください。

症状が出てから時間がたってしまうと、外来での処置で状態が改善せず、入院しなければならなくなることがありますので、
お母さん、十分ご注意ください。
 

2017-10-04 13:14:32

外来小児科学会へ参加してきました。

9月1日から3日まで、三重県津の文化センターで、外来小児科学会が行われ、スタッフ4名と一緒に参加してきました。

ワークショップ
子どもの心のサイン、子供の貧困、「アドラー心理学」を学ぼう、「乳幼児の本当の遊びとは」、予防接種アプリ、前向き子育て十ヵ条、アレルギー疾患に対する漢方薬、食物アレルギー「体験型スキンケア教室」、小児救急看護
 
普段の診療に、勉強したことを取り入れていきます。
 
 

2017-09-06 21:14:45

開業して20年以上

気がついたら、開業して20年以上経過しました。

レントゲン写真の現像機の故障が相次ぎました。
修理もできなくなり、レントゲンフイルムではなく、
レントゲンで撮った画像をデジタルで見ることができる画面に変更しました。
レントゲン撮ったら、すぐに画像で見れるので、感動しています。

診療所にある車も、新車に代わりましたので、診療所に来た時には、玄関に回って見てください。

ますます元気に頑張って診療していきますね。
 

2017-08-17 09:52:43

7月流行の病気

おたふく、手足口病、喘息発作、急性胃腸炎

2017-07-11 14:20:57

プロフェッショナル仕事の流儀

5月15日、NHKの夜の番組 プロフェッショナル仕事の流儀を、子供と一緒に見ました。
PICU(小児専門の集中治療のことです)の専門家植田先生(埼玉県立小児医療センター)の話でした。
重症児を助けるために、連日連夜努力している先生の姿を見て、
私も初心を忘れず、患者さんのために努力を続けようという気持ちになりました。久しぶりに、感動をもらいました。

2017-05-22 10:36:07

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
PAGE TOP